ツルツルとした肌を維持|フェイスリフトで綺麗顔をキープ|年齢を感じさせない肌に
レディ

フェイスリフトで綺麗顔をキープ|年齢を感じさせない肌に

ツルツルとした肌を維持

注射器

4〜6ヶ月に1回受診

シワの内部にヒアルロン酸注射をすると、その部分の肌が押し上げられることで、シワは消えたような状態になります。そのため美容外科でのヒアルロン酸注射は、手軽なシワ治療として人気があります。ところが、肌は日に日に衰えていくため、新しいシワが次々に生じてきます。また、注入したヒアルロン酸も、徐々にシワから抜け出ていくので、それによって消えたはずのシワも目につくようになっていきます。そのためヒアルロン酸注射は、定期的におこなうことが肝心とされています。具体的には4〜6ヶ月に1回のペースで美容外科を受診し、シワが深くなる前にヒアルロン酸を注入してもらうのです。そうすることで、シワのないツルツルとした肌を維持することが可能となります。

シワが浅いうちに

もちろん、深く刻まれたシワでもヒアルロン酸注射で埋めることは可能です。しかしその場合は、それだけ高分子のヒアルロン酸を多く注入することが必要となります。そのためには、太い注射針を使うことになり、その分肌にはダメージが与えられてしまうのです。ところが浅いシワなら、低分子のヒアルロン酸で埋めることができます。0.5ミリ以下の細い注射針が使われるので、痛みが少ない上に、肌に針穴が残ったり内出血が生じたりするリスクが低めとなっています。もちろん注入量も少ないので、その分かかる時間も費用も少なめとなるのです。このように、肌への負担が少ない上にメリットが多いことから、多くの人がシワが浅いうちにヒアルロン酸注射を受けています。